新生児からアトピーの娘

新生児のアトピー

新生児の時からアトピーの症状が出始めたわが家の娘。

今、娘と共にアトピーと戦っています。

「アトピー」と言う、突然育児と共に舞い込んだこのよくわからない病気に右往左往している毎日をこのブログで紹介しています。

アトピーでは?とすぐに疑った

新生児の時にアトピーと診断するのは非常にむずかしいそうです。

わが家の娘も新生児の時から顔を中心に湿疹が出ていましたが、医者で「アトピーです。」と言われるようになるにはかなりの時間が必要でした。

しかし、私は娘がアトピーであると勝手に確信していました。なぜなら私の旦那さんが軽いアトピーだからです。

結婚する時、ほとんど症状の出ていない旦那さんを見て、将来子どもを授かった時に「アトピーになるかも?」なんて心配は全くしていませんでした。
ただ、「アトピーは遺伝する」ということはなんとなく聞いたことがありました。

そして、子どもが生まれ、そのひどすぎる乳児湿疹に「アトピーが遺伝したかも!?」と初めて頭をよぎったのです。

アトピーって遺伝するの?

アトピーと遺伝が結びついてから私は「アトピーと遺伝」について調べ始めました。

調べていくと、意外なことにアトピーは遺伝するという人と遺伝ではないという2つの意見があるんです!

えっ?結局何も証明されていないってこと?

でもやっぱり親がアトピーの場合はアトピーの子が生まれる可能性が高いのは事実のようなんです。

じゃあ、やっぱり遺伝するってこと!?

結局いろいろ本やネットの情報を読んで、自分の経験も含めて私が今感じてることは、アトピーは発症しやすい要素を親から受け継ぐことがあり、なんらかの原因によってアトピーが発症してしまう、と言うことです。

簡単に言えば、親がアトピー場合、子どもがアトピーが発症する可能性が高いので新生児の時から湿疹が出た場合は、「アトピーかも?」と疑ったほうがいいかもしれません。その方が早目のケアが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加